ご挨拶

大下竜一この日本の素晴らしい良き伝統と住文化、そして地域ならではの暮らしの知恵が沢山詰まった古民家を次世代に伝え引き継ぐために、今できること。。。

古民家の本当の価値を知っていただき残すことで、そこに住む人も喜び、地域にも貢献でき、日本の伝統的建築物を壊すことなく素晴らしい町並みを残すことができます。

先人の知恵と技が生きる古民家は、日本では無くてはならない建築物で未来へ残したい財産です。

古民家を残すこと、古材(こざい)を再利用することは、地球環境、地域景観の保全、建設業の新たな分野として、とても大切なことだと思います。

先人の想いを大切に、次世代へ繋げるためにも古民家ネットワークの活動を続けてまいります。

「未来の子どもたちのために、、、。」

一般社団法人古民家再生協会岐阜

代表理事 大下竜一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください